道玄坂書房

MIKE+comics

「萌え+」をテーマにした新しいBLマガジン

最後の恋を俺としてよ

  • 電子書籍

著者:

saigo1wa

当時の俺はまだ子どもで、千早さんが抱えているもの丸ごと受け止めるなんてできなかった。でも今日からは事実上大人で…。だからもう一度千早さんに会いたいーー。

ある日中学生の流星は、夜はスナックバーを経営しているカフェを訪れる。そこで出会ったのは個性豊かな人々と、スタッフの千早。綺麗な顔で笑う千早に一目惚れをするが、すぐに失恋を実感してしまう。なぜならいつも千早の視線の先には、左薬指に指輪をはめる砂塚の姿があって…。

ページ上部へ戻る